チャップアップ 抜け毛

チャップアップを使ったらメチャ毛が抜けた!これって初期脱毛?

チャップアップで抜け毛が酷くなった

チャップアップの口コミを見ていると

「チャップアップを使ったら抜け毛が酷くなった」
「育毛剤なのに毛が抜けるって何なの、もう使うのやめた」

これはチャップアップを使いだして1~2ヶ月の方からの抜け毛が酷くなったという書き込みがかなりあります。

ほとんどの方がチャップアップを非難する内容になっていますが、これは育毛・発毛のメカニズムを知らないからなのです。

育毛剤を使い始めた、AGA治療を始めたときに良く起こる抜け毛が酷くなる現象、これを初期脱毛といいます。

初期脱毛が起こると、これは大変だ!酷すぎる!とネガティブに考えがちですが、本当はとても良い兆候なのです。

初期脱毛が起こったら、おめでとう!薄毛が改善される前兆が来たと喜ぶべきですよ。

 

育毛は身だしなみ

初期脱毛はなぜ起こる

健康的な髪の毛の成長はヘアサイクルが正常に機能することが重要です。

ヘアサイクルとは髪の毛が生えて成長していき成長が終わると抜け落ちていくということが一定の間隔で繰り返している周期のことを言います。

成長期(2~6年)
新しく発毛した髪が成長する段階。毛母細胞の細胞分裂が活発に行われ成長していきます。
人の髪の毛は約10万本あるといわれていますが、その役85%が成長期の髪の毛です。
退行期(約2週間)
毛母細胞の細胞分裂が衰えていき止まってしまいます。
徐々に毛根が縮小して、休止期を迎える準備が進みます。
休止期(3~4ヶ月)
髪の毛の活動が完全に停止した状態で、次の成長期に向けて準備をおこなう期間です。
頭髪全体の約10%が休止期にあるといわれており、
この成長が止まった髪の毛は、次の成長期の早い段階で新しい髪の毛に押し出さて抜け落ちます。

このヘアサイクルがAGAの発症やその他の理由で乱れてしまうと、成長期が1年程度と極端に短くなり、健康的に成長できない細く短い髪になります。

これが抜け毛が多くなり薄毛になるメカニズムです。

薄毛が進行した状態に育毛剤を使うと頭皮の血行が良くなり、縮んだ毛球が回復してきます。

そうすると毛母細胞の活動も活発になり新しい髪の毛が生えてきて、細く短い毛を押し出していきます。

押し出された毛は抜け毛となるわけですが、普通に休止期にいる髪の毛とダブって抜けるので抜け毛が増えたと思うのです。

初期脱毛の後には明るい未来が待っている

初期脱毛が起こったということは、チャップアップの効果が頭皮の方に効いてきた、頭皮の改善がなされてこそ健康な髪の毛が育つのです。

初期脱毛があったとしても、びっくりしてこれはヤバい!もう使うのヤ~メタ!など言わずチャップアップを使い続けてください。

せっかく良い兆候が出てきてるのに、止めたらもったいないですよ。

 

育毛は身だしなみ