チャップアップ1年使って効果がないってどんだけ | チャップアップすごい!

チャップアップ1年使って効果なしってどんだけ

チャップアップ1年使って効果ないのはなぜ?

私はチャップアップを使い始めて7か月目にやっと頭頂部の地肌が少し目立たなくなり1年目には地肌はかなり目立たなくなりました。

このようにチャップアップを1年間も使い続けた人のほとんどが効果を実感していると思いますが、中には1年も使ったのに全然効果が出ないと怒っている方や嘆いてる方もいるようです。

ではなぜ1年もの長い間チャップアップを使い続けても効果が出なかったのか考えてみましょう。

  ↓ ↓チャップアップを使って効果を実感したい方はコチラ↓ ↓

「毛を育てる」

正しい使用方法をしなかった

第一に考えられるのがこの理由、正しい使い方をしていない。
1年間もチャップアップを使用して効果が出なかった人のほとんどがこの理由だと思います。

チャップアップのホームページには正しい使用方法が出ていますが、この基本的な事が出来ていないという人は効果は出ないでしょうね。

・毎日ローションを塗布しない人
・1回に決められた量を塗布しない人
・洗髪しないで不潔な頭皮に塗っている人
・頭皮マッサージで液を頭皮に擦りこまない人
正しい使用方法を守らなければ効果も半減どころか全くなくなってしまうことさえあります。

大部分の人は薄毛を解消したいと思って一生懸命にそして根気強くチャップアップを塗り続けているのです、手を抜いていては報われませんよ。

チャップアップを正しく使って効果を実感してください。

AGA以外のストレス性の脱毛症である

日本人の成人男性の薄毛の原因はほとんどがAGA(男性型脱毛症)だといわれていますが、このAGA以外でストレスが原因で抜け毛が起こる脱毛症があります。
一般的には円形脱毛症が良く知られていますがこのタイプは10円玉ハゲと呼ばれるように円形にハゲますのですぐにわかります。
突然円形に禿げてしまうのですが、重症になると幾つもの10円玉ハゲを発症し、最終的にはハゲが繋がり頭部全体が禿げあがるような事態になることもあります。

神経性脱毛症もストレスにより抜け毛が起こります、神経性脱毛症は円形脱毛症のように最初からごっそりと抜けるわけではなく徐々に抜けていくのでストレスによるものと気づかない場合があります。
原因はハッキリと解明はされていませんが、白血球の炎症に伴う毛乳頭の機能停止(自己免疫疾患)にだと言われています。
いずれも自己免疫疾患による血行不良が抜け毛を引き起こすとみられています。

ストレス性の脱毛症はAGAとは全く違いますので育毛剤を使用しても効果はありません。
まずストレスを取り除くことが必要ですので、スポーツや趣味でのストレス発散を心がけてください。
重度の場合は医療機関での治療が必要になりますので皮膚科などに受診することをお勧めします。

ハゲが進みすぎている

AGAの症状をハゲのタイプで分類したハミルトン・ノーウッド分類法というのがあります。


そこでのハゲの最終形であるⅥ型とⅦ型タイプまで進んだハゲの方は毛球内の毛乳頭が完全に休止状態か死滅している可能性があります。
チャップアップは育毛剤です、頭皮環境を改善し毛根への血流を良くすることで弱った毛球を活性化し毛母細胞を活発にすることはできます。
休止した毛球を復活させるには強い効力を持った発毛成分が必要になります。
ハゲの部分が硬くなっているような方は育毛剤では無力です、専門医療機関での治療をおススメします。

薄毛には生活習慣が大きく関わってきます、不健康な生活習慣を続けていたら育毛剤の効力も薄れてしまいます。

薄毛を解消したければ健全な生活習慣を身につけて自身の体調を整えることが大切です、そのうえでチャップアップでの育毛活動をしましょう。

チャップアップを根気強く1年使って効果を実感して下さい、薄毛の悩みから解放された自信に満ちたアナタがいるはずです。
薄毛の悩みなんか吹き飛ばして明るく楽しい人生を満喫してください!

  ↓ ↓チャップアップの効果を実感したい方はコチラ↓ ↓

「毛を育てる」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする